メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

ラグビーW杯まで100日 観客の喉、潤スクラム 組織委・開催市「ビール切らさぬ」

グラスに注がれたビール。W杯で多くの観客の喉を潤しそうだ=東京都内で2019年6月4日

 海外のラグビー観戦で欠かせないものとは? 答えは「ビール」。12日で9月20日の開幕まで100日に迫ったラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会で、約40万人の集客を見込む訪日外国人(インバウンド)らには「ラグビーと切っても切り離せない関係」という。大会組織委員会や開催都市、企業はスクラムを組み、ビール戦略を進めている。【角田直哉、宮城裕也】

 「アジア初のラグビーW杯。大会を盛り上げ、ビジネスにもつなげたい」。今月4日、東京都内で開かれたイ…

この記事は有料記事です。

残り882文字(全文1105文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」
  2. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  3. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  4. トヨタ「シエンタ」13万台リコール アクアなど6車種も エンジン防水不備で
  5. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです