メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

江戸明治東京重ね地図

街の変遷、アプリでたどる 市川の小島さん開発 昔と比較、意外な発見 /千葉

「江戸明治東京重ね地図」のアプリを開発した小島豊美さん=千葉県松戸市で

 市川市在住でインターネット関連会社社長の小島豊美さん(70)が江戸、明治、現代の三つの時代の東京の地図を重ねて見られるスマートフォン向けアプリ「江戸明治東京重ね地図」を開発し、提供している。小島さんは「赤坂の溜池(ためいけ)が船で渡るほどの大きさだったり、百人町に江戸幕府の組織である百人組の屋敷があったりすることが分かる。今後、明治初期、戦前、戦後直後の地図も加えていきたい」と話している。

 アプリで見られる三つの時代は、江戸幕末期(1860年)、明治後期(1907年ごろ)、現代で、一度に…

この記事は有料記事です。

残り439文字(全文686文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. Tポイント詐取容疑で逮捕 キャンペーンを悪用 9300万円相当を不正取得か 埼玉県警

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  4. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  5. 菅原経産相 新たに香典疑惑 「事実ならアウト」自民党内にも進退問う声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです