メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

江戸明治東京重ね地図

街の変遷、アプリでたどる 市川の小島さん開発 昔と比較、意外な発見 /千葉

「江戸明治東京重ね地図」のアプリを開発した小島豊美さん=千葉県松戸市で

 市川市在住でインターネット関連会社社長の小島豊美さん(70)が江戸、明治、現代の三つの時代の東京の地図を重ねて見られるスマートフォン向けアプリ「江戸明治東京重ね地図」を開発し、提供している。小島さんは「赤坂の溜池(ためいけ)が船で渡るほどの大きさだったり、百人町に江戸幕府の組織である百人組の屋敷があったりすることが分かる。今後、明治初期、戦前、戦後直後の地図も加えていきたい」と話している。

 アプリで見られる三つの時代は、江戸幕末期(1860年)、明治後期(1907年ごろ)、現代で、一度に二つの時代の地図を重ねて見比べることができる。

この記事は有料記事です。

残り416文字(全文686文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  2. 夜の銀座クラブ出入り 与党、疑われる本気度 コロナ対策 野党、批判強める

  3. 発症10日後には職場復帰できるはずなのに…「万一のため」自宅待機のなぜ

  4. 入院希望でもホテル行き 糖尿病のコロナ感染者が感じた大阪の医療崩壊危機

  5. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです