メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

江戸明治東京重ね地図

街の変遷、アプリでたどる 市川の小島さん開発 昔と比較、意外な発見 /千葉

「江戸明治東京重ね地図」のアプリを開発した小島豊美さん=千葉県松戸市で

 市川市在住でインターネット関連会社社長の小島豊美さん(70)が江戸、明治、現代の三つの時代の東京の地図を重ねて見られるスマートフォン向けアプリ「江戸明治東京重ね地図」を開発し、提供している。小島さんは「赤坂の溜池(ためいけ)が船で渡るほどの大きさだったり、百人町に江戸幕府の組織である百人組の屋敷があったりすることが分かる。今後、明治初期、戦前、戦後直後の地図も加えていきたい」と話している。

 アプリで見られる三つの時代は、江戸幕末期(1860年)、明治後期(1907年ごろ)、現代で、一度に二つの時代の地図を重ねて見比べることができる。

この記事は有料記事です。

残り416文字(全文686文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 日本人の入国を拒否 インドネシア政府 中国渡航歴理由か 新型肺炎で

  3. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  4. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  5. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです