メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・母校をたずねる

群馬県立高崎高校/2 個性光る仲間、自由な学び 青山学院大前学長・仙波憲一さん /東京

インタビューに答える仙波憲一・元青山学院大学長=東京都千代田区で、内藤絵美撮影

 ◆青山学院大前学長・仙波憲一さん=1968年度卒

 経済学者の仙波憲一さん(68)=1968年度卒=は青山学院大の前学長です。学長時代、駅伝などスポーツの強化や、新学部設立に取り組みました。その根幹には、群馬県立高崎高での自由な学びや、才能豊かな仲間たちとの出会いがあるようです。「『高高(たかたか)』は愉快な学校でした」と振り返ります。【山内真弓】

 高校時代は自由の極みで、学ぶ楽しさも教わりました。授業では、教科書をあまり使わなかった記憶があります。美術は学校の裏手にある観音山で写生をしました。山を散策し、好き勝手に絵を描くのです。先生に「傑作!」と言われると1ポイントついて、5ポイントたまると成績が(通知表の5段階評価で)「5」になります。

この記事は有料記事です。

残り1861文字(全文2186文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 日本人の入国を拒否 インドネシア政府 中国渡航歴理由か 新型肺炎で

  3. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  4. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  5. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです