メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

らくらく入店の会

諏訪の街、バリアフリーに 原田泰治さんら結成 スロープ設置推進、全国へ /長野

「らくらく入店の会」結成を発表する(左から)鎌田實さん、原田泰治さん、小島信勇さん、宮坂恒太朗さん=いずれも長野県諏訪市役所で

 障害がある人もお年寄りも誰もが街に出やすい諏訪に--。こんな願いを込め、画家でグラフィックデザイナーの原田泰治さん(79)や諏訪中央病院名誉院長で作家の鎌田實さん(70)ら4人が11日、店舗や施設のバリアフリー化を推進する「らくらく入店の会」を結成した。まずは入店できるよう、1店舗でも多く入り口にスロープを設置してもらうことを主眼に、運動が諏訪から全国に広がることを期待している。【宮坂一則】

 この日、諏訪市役所で記者会見した原田さんは「バリアフリーはまだまだ満足できるものではなく、最初に階…

この記事は有料記事です。

残り738文字(全文986文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 人気ブランド店「Supreme」で窃盗 衣類など数百万円被害 大阪

  2. 一時閉鎖した「明るい廃虚」のピエリ守山が超人気スポットに再生した理由

  3. 女の気持ち プライドを捨てて 兵庫県姫路市・朝見房子(主婦・77歳)

  4. 注目裁判・話題の会見 細いながらもつながっていた父と子…ある出来事が引き金に 長男刺殺の元農水次官、16日午後判決

  5. 公園に88歳母、自宅に70歳娘の遺体 無理心中か 福岡・西区

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです