メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
リニア中央新幹線

大井川水量減少 知事「不安払拭が先」 開業予定縛られず協議 あす現地視察 /静岡

13日の現地視察で「生態系の破壊が進んでいないか見たい」と語る川勝平太知事=静岡県庁で

 リニア中央新幹線の建設工事で大井川水系の流量減少が懸念されている問題で、川勝平太知事は11日の定例記者会見で、JR東海の金子慎社長らが品川-名古屋間の開業の遅れを懸念していることについて「大井川の水資源に悪い影響を生じさせないか、不安払拭(ふっしょく)が先」と述べた。JRが目指す2027年の開業予定に縛られずに流量減少対策や環境問題の協議を続ける意向を示した。【山田英之】

 品川-名古屋間で、南アルプストンネル静岡工区の本体工事は唯一未着工になっている。現在、作業員宿舎の…

この記事は有料記事です。

残り524文字(全文762文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「痴漢防止ハンコ」販売 抑止狙い、シヤチハタが開発

  2. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  3. 「異議あり」が届く国会に

  4. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  5. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです