メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

作品展

「日露交流の歴史感じて」 ロシア人写真家、戸田港まつり・田子の浦の海岸など57枚 沼津 /静岡

ロシア人写真家が写した沼津市戸田や下田の写真が展示された会場=いずれも静岡県沼津市大手町のプラサヴェルデで

 ロシア人写真家、アスミルコ・ウラジーミルさんが日本とロシアの交流の原点の地である沼津市戸田(へだ)、下田、富士の町の様子などを収めた写真展が沼津市大手町のプラサヴェルデで開かれている。昨年11月にはモスクワでも写真展を開いており、凱旋(がいせん)写真展だという。57枚が展示されており、関係者は「日露交流の歴史を感じてほしい」と話す。20日まで。

 ロシア提督プチャーチンは日露国交樹立のため下田に滞在していた1854年に津波に遭遇。難破した船は富…

この記事は有料記事です。

残り470文字(全文694文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  2. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  3. 竹島、最古の地図発見 1752年に航路示す
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. 九州北部・山口、観測史上最も遅い梅雨入り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです