メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

在宅特養

脱施設を 寝たきり、一人でも自宅で生活 食事や服薬、定期巡回で支える 南区・久世ホームが試み /京都

川上浩さん(中央)と妻夕子さん(右)の自宅を訪れ、夫婦の暮らしを支える久世ホーム訪問介護事業所の好峯亮さん=京都市南区で、南陽子撮影

 手厚い介護が必要な高齢者が寝たきりでも一人暮らしでも、自宅で暮らし続けられるよう支援する在宅サービスに、京都市南区の市久世特別養護老人ホーム(通称・久世ホーム)が力を入れている。50床の同ホームは入所待ちが500人を超える「狭き門」である一方、「尊厳ある生活を送るのに自宅にまさる場はない」と考えるからだ。施設による「脱施設」ともいえる試み。今春から新たに「在宅特養」という造語を目標に掲げる。【南陽子】

 「また一緒に家で暮らせるとは思っていなかった。1日6回も来てくださるヘルパーさんたちはかけがえのな…

この記事は有料記事です。

残り1258文字(全文1511文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  2. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  3. 竹島、最古の地図発見 1752年に航路示す
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. 九州北部・山口、観測史上最も遅い梅雨入り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです