メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ハナショウブ

咲き競う 佐用で50万本見ごろに /兵庫

美しく咲きそろったハナショウブ=佐用町の西新宿花しょうぶ園で、幸長由子撮影

 佐用町西新宿の「西新宿おじいちゃんとおばあちゃんの花しょうぶ園」で、ハナショウブが見ごろを迎えた。

 地元住民が約20年前、耕作放棄地の棚田にハナショウブを植えたのが始まり。現在は1万2000平方メートルに約170種50万本が植えられ、高齢住民らが手入れを続けている。開園は6月下旬ごろまで。三枝正雄…

この記事は有料記事です。

残り121文字(全文271文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  2. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  3. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  4. テセウスの船 第6話“衝撃ラスト”に視聴者「ビックリ!」「気持ちの整理が…」(ネタバレあり)

  5. 新型コロナ 感染女性は小学校の給食配膳員 北海道・江別市教委が発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです