ハナショウブ

咲き競う 佐用で50万本見ごろに /兵庫

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
美しく咲きそろったハナショウブ=佐用町の西新宿花しょうぶ園で、幸長由子撮影
美しく咲きそろったハナショウブ=佐用町の西新宿花しょうぶ園で、幸長由子撮影

 佐用町西新宿の「西新宿おじいちゃんとおばあちゃんの花しょうぶ園」で、ハナショウブが見ごろを迎えた。

 地元住民が約20年前、耕作放棄地の棚田にハナショウブを植えたのが始まり。現在は1万2000平方メートルに約170種50万本が植えられ、高齢住民らが手入れを続けている。開園は6月下旬ごろまで。三枝正雄…

この記事は有料記事です。

残り121文字(全文271文字)

あわせて読みたい

注目の特集