メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧陸軍歩兵第44連隊跡地

「実物の持つ力、活用を」 保存検討委、初会合 /高知

 県が購入手続きを進める旧陸軍歩兵第44連隊の兵営跡地(高知市曙町2)について、保存活用を検討する委員会(委員長・坂詰秀一立正大名誉教授)の初会合が11日、高知市内で開かれた。歴史考古学や史料管理に詳しい有識者ら5人が委員として参加し、今後の検討事項について意見を出し合った。

 この日の会合で委員の一人は「実物には戦争の悲惨さを訴える力がある。こうし…

この記事は有料記事です。

残り263文字(全文438文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  2. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  3. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  4. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

  5. 現金給付 「自己申告制」で1世帯30万円支給へ 「収入減」示す書類求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです