メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ときを結ぶ

インパール作戦、遺品寄贈へ 父の記憶、静かに語らう 戦友会減少、2世も高齢化 /四国

 険しい山道で、十数人の日本兵がトラックを押している。重苦しい筆致の絵には「インパールへの道」の題字があった。惨禍を極めた太平洋戦争のインパール作戦。帰還兵の土谷伝吉=1996年死去、静岡市=は、当時の様子を34枚の色紙に残した。

 次女の平岩真理(67)は平成最後の今年4月、実家に保管していた色紙をインド北東部のインパール平和資料館に送ることを決めた。自分の子どもや孫世代には関心が薄い、と考えたからだ。「捨てることになるのかと心配だった。現地で飾られれば、ありがたい」

 土谷が色紙に添えていた覚書の日付は昭和末期の88年。「亡き戦友をしのびながら描いた」とあった。

この記事は有料記事です。

残り1867文字(全文2151文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  2. 大阪府で新たに41人感染確認 1日あたり最多 死者4人に 新型コロナ

  3. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染 

  4. ORICON NEWS 本田翼、外出する若者に「がくぜんとした」 新型コロナ感染拡大防止に訴え

  5. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです