メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シンポジウム

障害者への性暴力防げ 250人理解深める アミカス /福岡

障害者への性暴力被害を巡り、防止策を話し合うパネリストら

 障害者への性暴力被害の防止に必要な法整備を考えるシンポジウム「障がい児者への性暴力が認識される社会へ」が8日、南区の市男女共同参画推進センター・アミカスであった。被害相談に応じている有識者らが表に出にくい実態を明かし、障害者が抱えるリスクへの理解を訴えた。

 シンポは性暴力の根絶を目指すNPO法人「しあわせなみだ」(東京)が企画し、約250人が参加した。

 トークセッションは、しあわせなみだの中野宏美理事長を司会に、児童発達支援センターこだまの緒方よしみ園長と性暴力被害者支援センターふくおかの浦尚子センター長が登壇した。

この記事は有料記事です。

残り239文字(全文501文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 周庭氏を逮捕 民主活動家、「雨傘運動」学生リーダー 国安法違反容疑で香港警察

  2. どうすれば安全安心 登山中のトラブル対処法 道迷ったら動き回らない

  3. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  4. 感謝状 迷子の4歳女児保護 お手柄の能古見小5年・熊本さんに 鹿島署 /佐賀

  5. 首相あいさつ93%一致 広島と長崎、過去例とも類似 被爆者「ばかにしている」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです