メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

角田短歌教室

31文字の世界楽しむ 松井さん講師に会員腕磨く 豊前 /福岡

選者の松井さん(中央)が会員とともに作品を批評し合う

 毎日新聞の京築面に定期掲載している短歌欄は、選者の松井義弘さん(83)=豊前市塔田=が、会員から寄せられた作品を吟味して紹介している。会員は約10人。松井さんを講師に、毎月一回、角田公民館で開く「角田短歌教室」で腕を磨いている。【籔田尚之】

 開講して7年目を迎えるが、高齢者が多く、全員がそろうことは少ない。10日の教室は5人での開催だった。“授業”の進め方はこんな具合。会員は事前に「お題」に沿った作品を松井さんに投稿する。松井さんがそれを十数点に絞り込み、作者名を伏せてプリント化。教室でそのプリントをもとに、会員…

この記事は有料記事です。

残り390文字(全文650文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いじめられていないんやな」前校長が「否定迫る」 神戸の教諭訴え

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 元「KAT-TUN」田口被告捜索動画 厚労省がテレビ制作会社に提供

  4. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  5. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです