メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

レガシーを求めて

ラグビーW杯・大分/6止 「ノーサイド」の魅力伝えたい 三位一体でスクラムを /大分

2015年ラグビーW杯の視察で、南アフリカのサポーターと乾杯する広瀬知事(中央)

 世紀の大番狂わせ--。2015年のラグビー・ワールドカップ(W杯)イングランド大会は、過去2回の優勝を誇る南アフリカを日本が破って世界を驚かせ、強豪国のプライドを傷つけた大会だった。広瀬勝貞県知事をトップに据えた大分視察団40人も、イングランドの土を踏み、ラグビー史を塗り替えた大会を観戦した。

 本場のラグビーを肌で感じた一行は、興奮しながら食事を取りに英国パブに足を運んだ。だがドアを開けて、息をのんだ。南アのユニホームを着た大勢のサポーターが、ビール片手にこちらを見ていたからだ。高まる緊張感。ところが--。

 「良い試合だった。日本はグッドチーム!」。南アのサポーターが見せたのは、とびきりの笑顔だった。視察団と肩を組みながらビールを飲み、語らい合う南アのサポーター。日本も南アも、国籍も人種も関係なく、試合が終われば健闘をたたえる。「これがノーサイドか」。一行は感銘を受けた。

この記事は有料記事です。

残り958文字(全文1350文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  2. プロレス元王者・中西学さん 人生第2ラウンドは家業の茶農家 「魅力、世界へ」

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 「菅内閣」発足 権限かさに脅す手法、早くも

  4. イナズマロックフェス「来年は烏丸半島で」 トリは西川貴教さん 滋賀県庁で熱唱

  5. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです