メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

レガシーを求めて

ラグビーW杯・大分/6止 「ノーサイド」の魅力伝えたい 三位一体でスクラムを /大分

2015年ラグビーW杯の視察で、南アフリカのサポーターと乾杯する広瀬知事(中央)

 世紀の大番狂わせ--。2015年のラグビー・ワールドカップ(W杯)イングランド大会は、過去2回の優勝を誇る南アフリカを日本が破って世界を驚かせ、強豪国のプライドを傷つけた大会だった。広瀬勝貞県知事をトップに据えた大分視察団40人も、イングランドの土を踏み、ラグビー史を塗り替えた大会を観戦した。

 本場のラグビーを肌で感じた一行は、興奮しながら食事を取りに英国パブに足を運んだ。だがドアを開けて、息をのんだ。南アのユニホームを着た大勢のサポーターが、ビール片手にこちらを見ていたからだ。高まる緊張感。ところが--。

 「良い試合だった。日本はグッドチーム!」。南アのサポーターが見せたのは、とびきりの笑顔だった。視察…

この記事は有料記事です。

残り1043文字(全文1350文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. ORICON NEWS 木村拓哉、埼玉のソウルフードを堪能「幅あるよ」

  3. 金哲彦のレース展望・解説 “MVP”前田穂南は五輪メダル級の力 男子「4強」は冷静さ欠く

  4. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  5. 北村地方創生相 ダム建設「誰かが犠牲に、という積極的なボランティア精神で」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです