メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

24時間社会の実像

 加盟店に24時間営業を強いてきたコンビニエンスストア最大手セブン-イレブン・ジャパンが、時短営業の容認へかじを切った。いつでも、どこでも、何でもできる「24時間社会」が定着した日本。人口減が進む中で、消費ニーズと労働供給は折り合えるのか。利便性の陰に隠れた24時間社会の実像を考える。

無理のない出店で今後も 丹道夫・ダイタングループ会長

 僕が、24時間営業の立ち食いそば店を始めたのは1966年。セブン-イレブンが国内初の24時間営業店…

この記事は有料記事です。

残り4280文字(全文4499文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番で警官刺され拳銃奪われる 男が逃走 大阪・吹田市
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. 暴言 女性教諭、児童に「ぶち殺す」 「アホ」「バカ」も
  4. 札幌女児衰弱死 猫13匹を母親宅で保護 交際相手宅でも8匹 ガリガリに痩せ数匹治療中 保護団体
  5. 暴言 支援学級担任が「色気付きやがって」 生徒不登校に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです