メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

24時間社会の実像

 加盟店に24時間営業を強いてきたコンビニエンスストア最大手セブン-イレブン・ジャパンが、時短営業の容認へかじを切った。いつでも、どこでも、何でもできる「24時間社会」が定着した日本。人口減が進む中で、消費ニーズと労働供給は折り合えるのか。利便性の陰に隠れた24時間社会の実像を考える。

 僕が、24時間営業の立ち食いそば店を始めたのは1966年。セブン-イレブンが国内初の24時間営業店を開く9年も前だった。72年に屋号を「名代 富士そば」と変え、東京中心に展開してきた。

 まず、賃借している店舗なので、閉めている時間がもったいないと思った。お湯も沸かし直さなくていい。そして、常に動き続ける東京で、不安を感じない空間を作りたいという思いもあった。

この記事は有料記事です。

残り4175文字(全文4499文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「空前絶後」「一気呵成」…なぜ情緒的で大げさなのか 首相のコロナ語録

  2. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

  3. 「五輪予算で都民の命救える」早期中止訴え 宇都宮氏が都知事選出馬会見

  4. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

  5. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです