メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

街角から

地位向上の歴史 北米総局・古本陽荘

 米国の首都ワシントンのシンボルとしてそびえ立つ白いワシントン記念塔。そのすぐ近くにあるこげ茶色の建物が、国立アフリカ系米国人博物館だ。アフリカから米国に連れて来られた奴隷の説明から始まり、近年活躍した黒人のスポーツ選手やミュージシャンの歴史なども紹介している。生々しく再現された奴隷船を説明するコーナーでは涙ぐむ見学者もいる。

 開館したのはオバマ前政権が幕を閉じる直前の2016年秋。17年の来場者は240万人、18年は190万人で、いまでも観光客の人気は高い。入場するにはウェブサイトで申し込む整理券が必要だが、すぐになくなってしまう。

この記事は有料記事です。

残り282文字(全文552文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 休業や自粛要請「国が損失補償を」全国知事会が緊急提言

  2. 「俺コロナだけど」 ドラッグストアの業務妨害容疑で54歳男逮捕 埼玉

  3. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  4. 新型コロナ 名古屋、往来ひっそり 愛知、緊急事態宣言対象外

  5. 「少年ジャンプ」が発売延期 編集部社員が新型コロナ感染 27日に「合併号」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです