メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

街角から

地位向上の歴史 北米総局・古本陽荘

 米国の首都ワシントンのシンボルとしてそびえ立つ白いワシントン記念塔。そのすぐ近くにあるこげ茶色の建物が、国立アフリカ系米国人博物館だ。アフリカから米国に連れて来られた奴隷の説明から始まり、近年活躍した黒人のスポーツ選手やミュージシャンの歴史なども紹介している。生々しく再現された奴隷船を説明するコーナーでは涙ぐむ見学者もいる。

 開館したのはオバマ前政権が幕を閉じる直前の2016年秋。17年の来場者は240万人、18年は190…

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文552文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  2. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

  5. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです