メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地球温暖化対策

温室ガス「ゼロ」閣議決定 今世紀後半目標 石炭火力全廃せず

 政府は11日、来年始まる地球温暖化対策の国際的な枠組み「パリ協定」下での目標達成に向けた「長期戦略」を閣議決定した。二酸化炭素(CO2)を出さない水素エネルギーの技術開発などイノベーション(技術革新)を中心に据え、今世紀後半のできるだけ早期に温室効果ガス排出の「実質ゼロ」を目指すとした。

 大阪で今月28、29日開催の主要20カ国・地域(G20)首脳会議までに国連に提出する。

 長期戦略は太陽光や風力など再生可能エネルギーを「主力電源」と位置付け、温室効果ガスを出さないエネルギーへの転換を推し進めるとした。イノベーションによる環境対策と経済成長の両立を掲げたのが特徴で、水素利用や蓄電池、CO2回収といった新技術の開発を挙げた。

この記事は有料記事です。

残り435文字(全文751文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「がんに勝つことは、生きるか死ぬかじゃない」米国で闘病中のポルノスター、まりかさんが直面したロックダウン

  2. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  3. 講演で「トイレ汚い」きっかけ 大間々駅前のトイレ清掃 23年間休まず1200回

  4. 「死に追いやってしまった」「逮捕されるのが怖い」 木村花さん誹謗中傷 加害者の心情

  5. 中国地方で大雨被害 島根・江の川が氾濫 広島では土砂崩れ、親子2人不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです