メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地球温暖化対策

藻場=CO2吸収源 「ブルーカーボン」国交省議論

山口県・平郡島の海藻群落=桑江朝比呂氏提供

 地球温暖化対策の強化に向け、国土交通省は沿岸の藻場やマングローブ林といった海の生態系を温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)吸収源として活用することを決めた。11日に有識者会議を設置し、吸収量の推計や保全に向けた議論を始めた。

 海藻など沿岸部の生態系がCO2を吸収する能力は「ブルーカーボン」と呼ばれる。国連環境計画(UNEP)を中心に2009年に提唱された。藻場は海の生…

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文463文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都内の新型コロナ感染者、新たに189人確認 最多更新

  2. 新型コロナ感染者「ゼロ」は岩手、鳥取の2県 理由を探ってみた

  3. 緊急事態 愛知、京都などの追加 菅長官「現時点で評価に至らず」

  4. ホームセンター、居酒屋、理美容店など営業認める 東京都が休業要請先公表

  5. 次亜塩素酸水 手指消毒の有効性は「未確認」 政府答弁書

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです