メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地球温暖化対策

藻場=CO2吸収源 「ブルーカーボン」国交省議論

山口県・平郡島の海藻群落=桑江朝比呂氏提供

 地球温暖化対策の強化に向け、国土交通省は沿岸の藻場やマングローブ林といった海の生態系を温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)吸収源として活用することを決めた。11日に有識者会議を設置し、吸収量の推計や保全に向けた議論を始めた。

 海藻など沿岸部の生態系がCO2を吸収する能力は「ブルーカーボン」と呼ばれる。国連環境計画(UNEP)を中心に2009年に提唱された。藻場は海の生…

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文463文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  2. 特集ワイド 「れいわ新選組」旗揚げ2カ月、寄付金2億円突破 「ポピュリストで結構」 消費税廃止、野党に亀裂も
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです