メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きょうのセカンドオピニオン

免疫不全症、治療に不安=答える人・野々山恵章教授(防衛医科大学校・小児科)

 Q 免疫不全症、治療に不安

 低ガンマグロブリン血症の患者です。検査結果は原因不明。ガンマグロブリン定期補充療法を受ける可能性もあり、経済的負担や安全性が心配です。(埼玉県、女性、55歳)

 A ガンマグロブリン補充、安全性高く

 遺伝子の異常などで免疫が低下している病気を「原発性免疫不全症候群」といいます。国指定の難病で、約300の病気に分類されます。この女性の場合、他の免疫に問題がないか検査をして、ガンマグロブリンの低下だけなら「分類不能型免疫不全症」の可能性があります。多くは小児期に発症しますが、成人期にも発症する場合があります。

 ガンマグロブリンは血液中のたんぱく質の一つで、ウイルスや細菌などから体を守る免疫の働きをします。こ…

この記事は有料記事です。

残り518文字(全文837文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 紀平SP6位 首位はコストルナヤ、世界最高得点 GPファイナル女子

  2. インタビュー・最前線 ブロードリンク 榊彰一社長 中古PCで環境貢献 回収から卸売りまで

  3. 神奈川県庁サーバーに使用のハードディスク転売 納税記録など流出

  4. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  5. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです