メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
山は博物館

それは戦時下だった/15 気象観測、命懸けの勤務交代

 戦時中、全国の山岳測候所は軍用機飛行のための気象データを取る軍事施設だった。悪天候に見舞われやすい冬は、職員交代の登下山が命懸け。滋賀・岐阜県境にある伊吹山(1377メートル)では1931年末、使命感を抱いて山頂に向かった職員が消息を絶った。

 大阪管区気象台によると、伊吹山は日本海から太平洋へ冬の季節風が吹き抜ける通り道にあり、積雪が多い。27年2月14日の11メートル82は気象庁の最高記録だ。

 「伊吹山測候所気象70年誌」によると、遭難があった31年12月13日は未明にふもとで初雪が降り出し…

この記事は有料記事です。

残り1593文字(全文1843文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  2. 「ひびき」が民事再生法申請 みそだれのやきとり「ひびき庵」運営

  3. 清掃車とタクシー衝突、歩行者巻き込む 男性客死亡6人重軽傷 京都市

  4. 「まじですか」グリーンランド売却拒まれトランプ氏デンマーク訪問延期

  5. 玉木雄一郎「新しい政治」 れいわ伸長は既成政党への警告

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです