メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第77期名人戦七番勝負 挑戦者・豊島将之王位-佐藤天彦名人 第4局の4

端を攻める 観戦記・山口絵美菜

 この日、飯塚市の最高気温は28度。対局室内は冷房が21度に設定されているが、それでも暑いのか佐藤は羽織を脱いだ。鮮やかな金糸雀(カナリア)色の着物が目に飛び込んでくる。

 「検討通り進むかもしれません」と古森悠太四段。[先]1五歩[後]同歩に[先]1三歩と垂らし(1)[後]同香[先]1二角は2筋突破で先手よし。代えて(2)[後]8六歩[先]同銀[後]5五銀左[先]1五香[後]6六歩[先]同歩[後]5六銀[先]同歩[後]6七歩は一方的に玉頭を攻める展開…

この記事は有料記事です。

残り364文字(全文606文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 紀平SP6位 首位はコストルナヤ、世界最高得点 GPファイナル女子

  2. 沢尻エリカ被告がコメント「立ち直ることを約束」「心の底から後悔」

  3. インタビュー・最前線 ブロードリンク 榊彰一社長 中古PCで環境貢献 回収から卸売りまで

  4. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  5. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです