メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしとつなぐ

変わるがん医療、知って=国立がん研究センター東病院 がん相談統括専門職 坂本はと恵

 「何のために生きるのか。治療をするためではなくて、家族と一緒に生きていきたいから治療を受けるんです。私はこれからも子どもを産めますか。私のがんは遺伝しないんでしょうか。今、授乳中の子どもに母乳を飲ませたら、私のがんがうつるんじゃないかと不安で仕方ないです」。ある月曜日の朝早くから、がん相談支援センターの前で待っておられた30代前半の女性の言葉です。

 このところ、遺伝性腫瘍や、がん遺伝子パネル検査、妊孕(にんよう)性(生殖機能)の温存など、がんと家…

この記事は有料記事です。

残り960文字(全文1186文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  3. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  4. 「憲法9条なくては日本でない」 「豊かさの考え変えないと」 中村哲さんの言葉

  5. 「アフガニスタンは、真の英雄を失った」 カブールなどで中村哲さん追悼集会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです