メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国立がん研究センター

がん患者の就労支援、ガイドブックを作成

 国立がん研究センター(東京都中央区)は、がん患者の就労支援のためのガイドブックを作成した。治療と仕事の両立を助ける勤務時間と休暇の取り方、相談対応や支援計画の作成など支援の進め方について事例を挙げながら紹介。企業の経営者や人事・労務担当者らにとって役立つ内容になっている。【御園生枝里】

 がんは、日本人の2人に1人が生涯で1度はなるとされる。患者は年齢と共に増え、約3割は就労世代(15~64歳)に発症する。医療の進歩でがんの治療を受けながら働き続けたり、適切な治療を受けて早期に復帰でき…

この記事は有料記事です。

残り368文字(全文613文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  2. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  3. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  4. トヨタ社員がパワハラ自殺 「ばか」と言われ適応障害に 復職後、斜め前に叱責上司

  5. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです