メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしの明日

私の社会保障論 認知症予防、国内外で動き 「共生」への支援も重要=千葉大予防医学センター教授・近藤克則

 7割もの人にみられたら、もはや病気でなく「普通」のことだろう。であれば長生きした日本人女性にとっては、認知症になるのが「普通」のことだ。日本の90歳以上の女性の認知症有病率は71・8%だから、認知症でない方は3割を切り、むしろ少数派なのだ。

 それでも、できれば認知症にならずに過ごしたいと願う人は多い。だからというべきか、「ぼけ封じ」の御利益がある神社仏閣が全国にある。

 祈る以外にはどんな方法があるか。国内外で認知症予防に関する動きが相次いでいる。

この記事は有料記事です。

残り883文字(全文1109文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  2. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  3. 竹島、最古の地図発見 1752年に航路示す
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. 九州北部・山口、観測史上最も遅い梅雨入り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです