メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はやぶさ2

着陸27日以降検討 誤差3メートル、目印投下成功 JAXA「追い風」

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は11日、探査機「はやぶさ2」から小惑星リュウグウに投下された球状の目印(ターゲットマーカー)が、目標からわずか3メートル離れた地点に着地しており、投下は成功していたと発表した。JAXAは4月に作った人工クレーター近くの領域へ27日~7月12日に着陸可能か検討。今月25日ごろ最終判断する。

 はやぶさ2は5月30日、2度目の着陸に向け目印を投下。人工クレーターの中心から約20メートル離れた岩の少ない楕円(だえん)形の領域内に着地していた。この領域内にはクレーターを作った際に噴出した地下の砂や岩石が約1センチ積もっているとみられ、表面とは異なる物質が採取できると期待される。

この記事は有料記事です。

残り152文字(全文457文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪府の感染状況は「緊急事態宣言級」 専門家が憂う最悪の事態とは

  2. 転向の高橋「上出来」 充実の初ダンスでRD2位 フィギュアNHK杯

  3. 桜を見る会前夜祭 2019年分も収支報告なし 安倍氏の政治団体

  4. 視聴室 まさかまさかの2020 大家族石田さんチ

  5. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです