メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関税法違反

成田で新種?密輸サル 税関押収、専門家も分からず

 絶滅の恐れのある希少なサル2匹を密輸入しようとしたなどとして、千葉地検は11日、東京都中野区江原町、塗装建設業、高西健也容疑者(40)を関税法違反(無許可輸入未遂)で起訴した。成田税関支署が専門家にサルの鑑定を依頼したところ、種を特定できず、新種の可能性があるという。

 起訴状によると、2018年9月10日、バンコク発の航空機で成田空港(千葉県)に到着し、税関の許可を受けずにサルとカメ、ネズミ、トカゲ計17匹を輸入しようとしたされる。

 税関によると、検査のためスーツケースを開け、動物を見つけた。サルは2匹とも体長約15センチで、性別…

この記事は有料記事です。

残り405文字(全文674文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  2. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  3. 竹島、最古の地図発見 1752年に航路示す
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. 九州北部・山口、観測史上最も遅い梅雨入り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです