メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

求人広告サイト

「無料」高額請求 ネット広告、更新巡り訴訟も 相談数百件

求人サイトの運営会社から送られてきた規約書を示す薬局の担当者。「自動で有料になるという説明は事前に一切なかった」と訴える=佐賀県で、石井尚撮影(画像の一部を加工しています)

 インターネットの求人広告サイトに無料で掲載すると勧誘され求人を出した事業者が、一定期間後、サイト運営会社から「有料期間になった」として、高額な掲載料を請求されるトラブルが相次ぎ、全国150人以上の弁護士に相談が寄せられていることが明らかになった。人手不足に悩む零細事業者がターゲットになっており、弁護士らは「判明したトラブルは氷山の一角にすぎない」と注意を呼びかけている。

 ネット上には、テレビCMなどでも知られる大手人材派遣会社などが運営する求人サイト以外にも、最近できたばかりのサイトが数多く存在し、トラブルはこうした新興サイトへの掲載を巡って多発している。

この記事は有料記事です。

残り647文字(全文929文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  2. 「パパ活への興味本位で」少女にみだらな行為 小学校教諭、懲戒免職 福岡県教委

  3. クマをドローンでくまなく捜索 出没相次ぎ自治体が対策 追い払う成果も 石川

  4. ヤングケアラー~幼き介護 認知症の母を殺さなかった少女 元ヤングケアラー 27歳の今

  5. 二“人”六脚-保護犬イブと暮らして 熱中症でやせるイブ 犬にかまれ大けがも やがて穏やかな表情に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです