メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

愛知県

新体育館計画 国内最大級、1万5000席

 愛知県は11日、名古屋市北区の名城公園北園に移転新築する新しい県体育館の基本計画を発表した・県提供。延べ約4万3000平方メートルで、現体育館の2・5倍の広さ。メインアリーナ(4500平方メートル)はバスケットボール会場とする場合などでは1万5000席となり、国内最大級となる。事業費は300億円の見込み。2022年度に着工、26年アジア競技大会に間に合うよう、25年度の完成を目指す。

 記者会見した大村秀章知事は「常に1万人規模のイベント開催が可能で、国際大会も開ける。日本を代表するアリーナになると確信している」と説明した。サブアリーナや多目的ホール(各1500平方メートル)も併設し、選手や観客、VIPの動線を明確に分けるなど、機能面も重視する。

この記事は有料記事です。

残り211文字(全文538文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「人としてあるまじきこと」 不倫報道の埼玉県議が議員辞職

  2. 大阪のタワマン29階から男性転落死 警視庁が詐欺容疑で家宅捜索中

  3. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  4. 大村知事「東京、大阪は医療崩壊」 吉村知事「根拠が不明」 会見、ツイートで応酬

  5. 北九州で新たに21人感染確認 23日連続ゼロから一転、6日連続で感染者 「第2波」に危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです