メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

佐賀県知事 新幹線フル規格否定的 県議会で改めて「整備求めていない」

 佐賀県議会の6月定例会が11日開会した。県は総額約67億5500万円の一般会計補正予算案や、佐賀空港(佐賀市)に深夜便を就航させるための条例改正案など計26議案を提出した。九州新幹線・長崎ルート(新鳥栖―武雄温泉間)の整備方式や同条例の改正などが議論の焦点となる。【竹林静】

 山口祥義知事は提案理由の説明で九州新幹線問題に関し、「地元負担を義務付けられる県が整備を求めていない中、前に進むことはあり得ない」と述べ、改めてフル規格での整備に否定的な考えを強調。県内市町にもフル規格整備に慎重な意見が根強いことも踏まえ、「さまざまな意見に真摯(しんし)に向き合い、県にとって何が一番望ましい姿なのかをしっかりと考えたい」と語った。

 県は、8月9~18日の夏季限定で佐賀空港に佐賀―羽田間の深夜便を就航させる方針だが、空港に近い福岡県柳川市は騒音などを懸念し反発している。山口知事は「首都圏での滞在時間をより長く確保でき、新たな需要の開拓につながる。通年での増便に向けたステップにしたい」と述べ、空港利用の活性化を図る姿勢を示した。同市は影響を抑えるため、ルート変更の付帯決議をするよう佐賀県議会に求めている。

 国営諫早湾干拓事業(長崎県)を巡り、国側逆転勝訴とした2審・福岡高裁判決(2018年7月)を最高裁が見直す動きを見せていることについて、山口知事は「最高裁がどのような審理、判断をするのか重大な関心を持って見守る」と言及。「関係者と意見交換し、有明海の再生に全力で取り組む」と、漁業関係者らと協調して対応する姿勢を示した。

 補正予算案では、10月から実施される幼児教育・保育無償化に向けた事業費約6億7000万円などを計上。主な新規事業は、「移住・起業・マッチング支援事業」約5000万円▽路線バス再編計画を受け、山間地域の交通手段を確保する「くらしのモビリティ確保推進事業」約1300万円――など。

 一般質問は17~19日、佐賀空港・新幹線問題等特別委員会は27日の予定。会期は7月1日までの21日間。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  2. 「スリムクラブ」真栄田さんと内間さんを無期限謹慎処分 吉本興業、暴力団関係者パーティー出席で
  3. 「ナイトスクープおもんない!」 元探偵・小枝が批判 “現役”真栄田「番組に依頼しては」(スポニチ)
  4. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
  5. ブラジル大統領G20随行員 コカイン39キロ所持で拘束

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです