安倍首相は以前から訪問検討、イランの「親日」歴史的背景とは

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
現職の首相としては41年ぶりのイラン訪問となった安倍首相(中央)とイランのロウハニ大統領=2019年6月12日、AP
現職の首相としては41年ぶりのイラン訪問となった安倍首相(中央)とイランのロウハニ大統領=2019年6月12日、AP

 日本がイランと外交関係を結んだのは1929年。今年は90周年の節目にあたり、安倍晋三首相は12日、現職の首相としては41年ぶりにイランを訪問した。

 両国は第二次世界大戦前後の一時期を除き、伝統的な友好関係を築いてきた。イランが「親日」となった理由の一つとして挙げられるのが、世界的に注目された53年の日章丸事件だ。出光興産が同社のタンカー「日章丸」をイランに送り、石油製品を載せて日本に持ち帰った。イランは当時、石油産業の国有化に踏み切ったことで、国際的に孤立しており、イラン国民から熱烈に歓迎されたという。イランからの独自輸入を断行した同社創業者の出光佐三氏は、小説「海賊とよばれた男」(百田尚樹氏著)のモデルとなった。日本は74年にイランとビザ免除の協定を結び、78年には福田赳夫首相(当時)がイ…

この記事は有料記事です。

残り527文字(全文878文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集