メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東証午前終値は2万1223円 一進一退の展開

 東京証券取引所=東京・日本橋兜町

 12日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は前日終値を挟んで一進一退の展開となった。前日の米国市場が反落したことを受け、取引開始直後は利益確定の売りが先行した。ただ割安感のある銘柄には買い注文も入り、売り買いが交錯した。

 午前終値は前日終値比19円08銭高の2万1223円36銭。東証株価指数(TOPIX)は1.16ポイント安の1560.16。

 前日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は7営業日ぶりに反落した。この流れを受け東京市場でも朝方は売り優勢で始まった。一方で中国の新たな景気刺激策を期待する買いも入り、方向感に乏しい展開となった。(共同)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  2. 特集ワイド 「れいわ新選組」旗揚げ2カ月、寄付金2億円突破 「ポピュリストで結構」 消費税廃止、野党に亀裂も
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです