メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

都市部のオフィス 不足感強く 空室率はバブル期以来の低水準

 スカイツリーと東京都心部

 国内の都市部でオフィスの不足感が強まっている。企業の従業員増加に加え、人材確保のため快適で広い空間を求める動きが目立つ。政府が旗を振る働き方改革の下、自宅近くや営業先などで働ける共有型のオフィスも注目されている。

 オフィス仲介大手の三鬼商事によると、5月末時点の東京都心のオフィス平均空室率は1・64%で、バブル期の1990年12月の0・39%以来となる低水準だ。大阪地区の空室率は2・45%、名古屋地区は2・11%、札幌地区は2・23%、福岡地区は1・81%となっている。(共同)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  2. 特集ワイド 「れいわ新選組」旗揚げ2カ月、寄付金2億円突破 「ポピュリストで結構」 消費税廃止、野党に亀裂も
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  5. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです