メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大分銀と宮崎銀が地方創生で包括連携協定 地場産業育成に“旗”必要 両行頭取インタビュー

インタビューに応じる大分銀行の後藤富一郎頭取

 いずれも東九州を地盤とする大分銀行(後藤富一郎頭取)と宮崎銀行(平野亘也頭取)が3月、地方創生に関する包括連携協定を締結した。日銀の超低金利政策を背景に地方銀行の収益環境は厳しさを増し、政府は経営統合を後押しする新ルール整備に乗り出している。隣県の地銀同士が地方創生で手を組む狙いや今後の戦略について、両行の頭取に聞いた。【聞き手・浅川大樹】

この記事は有料記事です。

残り1337文字(全文1509文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いじめられていないんやな」前校長が「否定迫る」 神戸の教諭訴え

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 元「KAT-TUN」田口被告捜索動画 厚労省がテレビ制作会社に提供

  4. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  5. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです