メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ホッケ回復へ親魚7倍増が目標 漁獲枠導入も 水産庁案

 水産庁は12日、ホッケ、スケトウダラ、マサバ、ゴマサバの4魚種の資源管理強化に向け、目標とする資源回復水準の案を公表した。北海道北部のホッケは親魚の量を2017年の7倍に当たる11万2000トンに増やす目標を設定。日本海北部のスケトウダラも7倍の38万2000トンを目指す。実現に向けホッケにも他の3魚種と同様の漁獲枠を導入することも検討する。

 目標達成は原則的に30年までとし、詳細は今後詰める。資源を回復させて長期的な漁獲を増やすのが目的だが、短期的には漁業者が漁獲抑制を迫られる可能性があり、調整は難航も予想される。(共同)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  2. 博多駅前に倒れている女性、搬送先病院で死亡確認 マンションから転落か
  3. 「イージス引き受けないのは非国民との批判、県内外から」秋田の佐竹知事が明らかに
  4. 小6の11歳長男をトンカチで殴る 38歳母を殺人未遂容疑で逮捕 埼玉
  5. 実刑確定の元被告、刃物持ち車で逃走 名古屋方面へ逃げたか 神奈川・愛川

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです