メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国でも強まるGAFA包囲網 再考迫られるビジネスモデル

米下院司法委員会の小委員会で、公聴会冒頭に宣誓する米IT業界団体の幹部ら=ワシントンで6月11日、AP

 グーグルやフェイスブックなど「GAFA(ガーファ)」と呼ばれる米巨大IT企業に対する圧力が国際的に強まっている。欧州や日本に加え、これまで規制に慎重姿勢だった米国でも市場独占の疑いで議会が調査を始めた。急拡大を続けてきたGAFAが、「包囲網」の中でビジネスモデルの再考を迫られる可能性もある。【中井正裕(ワシントン)、加藤明子、宮崎稔樹】

 「フェイスブックやグーグルは競合企業を次々と買収しており、独占状態を誰も止められない」。米下院司法…

この記事は有料記事です。

残り2065文字(全文2285文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 自民・岸田氏「補正予算案 1兆円超す規模」 台風19号

  4. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  5. 菅原経産相の金品配布疑惑 選挙区の有権者複数が「メロンもらった」と証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです