メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

市民が議会を包囲 香港「逃亡犯条例」反対デモ 審議再開は延期

 香港で12日、刑事事件の容疑者を中国本土に引き渡せるようにする「逃亡犯条例」改正に反対する多数の市民が、立法会(議会)周辺を埋め尽くした。また若者らは、民主的な選挙制度の実現を求めた2014年の「雨傘運動」の舞台となった主要幹線道路などを占拠した。香港メディアによると、警備にあたる警官隊が催涙スプレーを使用。衝突の危険性が高まったことなどを受け、立法会議長はこの日予定されていた改正案審議の再開を延期する方針を示した。

 条例改正の動きに抗議の意思を示すため、12日には臨時休業する企業や商店が続出した。大学生や中高生も…

この記事は有料記事です。

残り347文字(全文608文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

  2. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  3. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  4. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  5. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです