メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

対北朝鮮で際立つトランプ氏の楽観論 政権内にも温度差

金正恩朝鮮労働党委員長から書簡を受け取ったと話すトランプ米大統領=米ワシントン・ホワイトハウスで11日、ロイター

 トランプ氏が5月末の訪日中、北朝鮮による短距離弾道ミサイル発射を問題視しない考えを繰り返し表明し、国連安全保障理事会決議の違反と厳しく非難した安倍晋三首相との食い違いをみせた一件は、米国で大きく報道された。対北朝鮮政策を巡って非核化交渉の先行きに突出して楽観的なトランプ氏の姿勢が政権内で際立つなか、同盟国間の温度差も表面化したからだ。

 「北朝鮮と核戦争寸前だった状況を自分が改善した」「金正恩(キム・ジョンウン)委員長との会談実現は歴…

この記事は有料記事です。

残り3057文字(全文3276文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番で警官刺され拳銃奪われる 男が逃走 大阪・吹田市
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. 札幌女児衰弱死 猫13匹を母親宅で保護 交際相手宅でも8匹 ガリガリに痩せ数匹治療中 保護団体
  4. 暴言 女性教諭、児童に「ぶち殺す」 「アホ」「バカ」も
  5. 札幌・死亡の2歳女児、やせ細り濃いあざ 「ママー」の泣き声も 児相「48時間ルール」守らず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです