メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

香港逃亡犯条例「断固として支持」 米国を「内政干渉」中国外務省

香港で若者らが占拠した道路など

 中国外務省の耿爽(こうそう)副報道局長は12日の定例記者会見で、香港の「逃亡犯条例」改正を「断固として支持する」と改めて強調した。米国からの批判を「内政干渉」として「強烈な不満と断固とした反対」を表明。1国2制度によって「香港住民の権利や自由は十分に守られている」とも述べた。

 中国では、条例改正に反対する香港の大規模デモについて情報統制が敷かれており、主要メディアは外務省の公式見解や一部の論評以外、報道していない。NHKの海外放送がニュース番組で取り上げた際も、画面が突然真っ黒になり、放映が中断された。【北京・河津啓介】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  2. 「スリムクラブ」真栄田さんと内間さんを無期限謹慎処分 吉本興業、暴力団関係者パーティー出席で
  3. 「ナイトスクープおもんない!」 元探偵・小枝が批判 “現役”真栄田「番組に依頼しては」(スポニチ)
  4. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
  5. ブラジル大統領G20随行員 コカイン39キロ所持で拘束

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです