連載

無罪判決の波紋~性と司法・私の考え

3月に性暴力事件の無罪判決が続いたことを受け、被害者らから「性被害の実態が理解されていない」と批判が起きた。全国で抗議デモが行われるなど、波紋が広がっている。問題の根本に何があるのか。刑法改正は必要か。それぞれの立場からこの問題を考えている人たちに聞いた。

連載一覧

無罪判決の波紋~性と司法・私の考え

すべての無罪判決を一緒に議論してはいけない 木谷明・元東京高裁判事

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
無罪判決の問題点などを指摘する木谷明さん=東京都渋谷区で2019年5月31日午後2時26分、牧野宏美撮影
無罪判決の問題点などを指摘する木谷明さん=東京都渋谷区で2019年5月31日午後2時26分、牧野宏美撮影

 多くの刑事事件を裁いてきた元裁判官の木谷明弁護士は、無罪判決のうち一部に明確に疑問を呈しつつ、「理解できる判断もあり、すべてを一緒にして論じるのは問題。裁判官へのバッシングが強まると、本来無罪とされるべき事件でも心理的に無罪判決を書きにくくなり、冤罪(えんざい)を生む可能性がある」と警鐘を鳴らす。【聞き手・牧野宏美/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り3011文字(全文3184文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集