シマウマ・バイソン・ワラビー 富士サファリパークで赤ちゃん続々

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
育児囊から顔を出すワラビーの赤ちゃん=冨士サファリパーク提供
育児囊から顔を出すワラビーの赤ちゃん=冨士サファリパーク提供

 富士サファリパーク(静岡県裾野市須山)で動物の赤ちゃんが次々生まれている。それぞれ小さな体で母親と寄り添う姿が見られる。

 シマウマの赤ちゃんは、5月19日と24日に雌が1頭ずつ生まれた。誕生時の体長はいずれも約100センチ、体重約30キロ。座って休んでいることが多いが、ややおぼつかない足取りで母親の後をつ…

この記事は有料記事です。

残り233文字(全文387文字)

あわせて読みたい

注目の特集