メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「ナルト」もこれを…忍者食「兵糧丸」を三重大院生らが再現

二つの鍋で兵糧丸をつくる院生ら=三重県伊賀市の三重大学伊賀研究拠点で2019年5月24日13時24分、大西康裕撮影

 三重大学大学院で忍者を専門に研究している院生らが、三重県伊賀市ゆめが丘の三重大学伊賀研究拠点で、忍者の携帯食とされる「兵糧丸」を作る実技の講義を受け、忍者食を再現した。

 忍者・忍術学コースは大学院人文社会科学研究科に昨年度から設けられた。今回の講義は昨年度入学の3人と今年度入学の2人、研究生1人の計6人が受講。久松眞・三重大学名誉教授(70)=食品科学=が指導。久松名誉教授は江戸時代の忍術書「甲州流忍法伝書老談集」などを基に兵糧丸のレシピを作り、兵糧丸は「心を落ち着…

この記事は有料記事です。

残り355文字(全文591文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  2. 「スマホで錬金術」通信販売業者に業務停止命令 全国で7億円超の売り上げ

  3. 首相が演説で地方創生の成功例として紹介した男性、島根県外に転居していた

  4. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  5. 国民民主の両院議員総会 津村副代表がツイッターで自爆し紛糾

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです