メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

核弾頭 世界で1万3880発 長崎大研究センター「使用リスク、依然高い」

世界の核弾頭数推計結果について説明する吉田センター長=田中韻撮影

 長崎市の長崎大核兵器廃絶研究センター(レクナ)は11日、今月1日時点で世界に1万3880発の核弾頭があるとの推計を発表した。前年比570発減で2013年の推計開始から最少となったが、センターは「数は減っても核兵器の近代化が進み、核使用のリスクは依然として高まっている」と警鐘を鳴らす。【田中韻】

 米国のシンクタンクなど複数の分析を基に推計。核弾頭数は多い順に、ロシア6500▽米国6185▽フランス300▽中国290▽英国215▽パキスタン150▽インド130▽イスラエル80▽北朝鮮20~30――。米国とロシアの新戦略兵器削減条約(新START)発効で両国の核弾頭数が減少した一方、インド、パキスタンが増加傾向にある。  吉田文彦センター長は「米トランプ政権の新たな核態勢見直しによって核兵器使用の敷居が低くなり、むしろ脅威は高まっている」と指摘。「核廃絶に向けたスピードは遅く、前年より数が減ったからといって単純には喜べない」と話した。  センターでは推計結果をまとめたポスターを製作。平和教育に役立ててもらおうと、県内外の自治体や教育機関に配布している。詳細や解説はレクナのホームページで見ることができる。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番で警官刺され拳銃奪われる 男が逃走 大阪・吹田市
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. 暴言 女性教諭、児童に「ぶち殺す」 「アホ」「バカ」も
  4. 暴言 支援学級担任が「色気付きやがって」 生徒不登校に
  5. 札幌女児衰弱死 猫13匹を母親宅で保護 交際相手宅でも8匹 ガリガリに痩せ数匹治療中 保護団体

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです