メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「山のアスパラガス」がびっしり 魅惑の山菜採りに同行 危険と隣り合わせの宝探し

フキを見つけた中村聡也記者=秋田市河辺三内で2019年5月30日

 秋田県では、山林や渓谷で春にはワラビやタケノコ、秋にはキノコ類などが豊富に生えるため山菜採りが人気だ。ただ、遭難やクマの襲撃などリスクもあり、毎年のように死傷者が出ている。なぜ危険を知りながらも山菜を採りに山に入るのか。理由を知りたくて、5月下旬、秋田市の60代男性に同行した。【中村聡也】

 秋田市河辺三内の渓谷。山菜を採り始めて半世紀近くになるという男性は、車を沢の近くに止めると持ってきた爆竹に火をつけ空中に向かって投げた。「パンパンパン!」。乾いた音が渓谷内に響いた。「クマ対策だよ」

 この日狙うのはワラビだという。腰に刃渡り約20センチのナタと採集したものを入れるたすき掛けの袋を身…

この記事は有料記事です。

残り1067文字(全文1363文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  2. 特集ワイド 「れいわ新選組」旗揚げ2カ月、寄付金2億円突破 「ポピュリストで結構」 消費税廃止、野党に亀裂も
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです