メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

改正動物愛護法が成立 虐待罪が厳罰化 販売時期は8週以降に

参院本会議で犬猫へのマイクロチップ装着の義務化などの改正動物愛護法が全会一致で可決、成立し一礼する原田義昭環境相=国会内で2019年6月12日午前10時10分、川田雅浩撮影

 動物虐待の罰則強化や犬・猫へのマイクロチップ装着義務化などを盛り込んだ改正動物愛護法が12日、参院本会議で可決、成立した。虐待罪(殺傷)の法定刑は、上限が現行の2倍以上の「5年以下の懲役または500万円以下の罰金」になる。公布から3年以内に施行される。

 近年、インターネット上で犬・猫などのペットを虐待する動画投稿が後を絶たない。現行の虐待罪(殺傷)は「2年以下の懲役または200万円以下の罰金」で…

この記事は有料記事です。

残り301文字(全文501文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブラジルの感染者、50万人超え 1カ月足らずで5倍 死者3万人に迫る

  2. 老舗漬物店「丸八やたら漬」廃業へ 5月末で 観光客の減少響く 山形

  3. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

  4. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  5. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです