改正動物愛護法が成立 虐待罪が厳罰化 販売時期は8週以降に

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
参院本会議で犬猫へのマイクロチップ装着の義務化などの改正動物愛護法が全会一致で可決、成立し一礼する原田義昭環境相=国会内で2019年6月12日午前10時10分、川田雅浩撮影
参院本会議で犬猫へのマイクロチップ装着の義務化などの改正動物愛護法が全会一致で可決、成立し一礼する原田義昭環境相=国会内で2019年6月12日午前10時10分、川田雅浩撮影

 動物虐待の罰則強化や犬・猫へのマイクロチップ装着義務化などを盛り込んだ改正動物愛護法が12日、参院本会議で可決、成立した。虐待罪(殺傷)の法定刑は、上限が現行の2倍以上の「5年以下の懲役または500万円以下の罰金」になる。公布から3年以内に施行される。

 近年、インターネット上で犬・猫などのペットを虐待する動画投稿が後を絶たない。現行の虐待罪(殺傷)は「2年以下の懲役または200万円以下の罰金」で…

この記事は有料記事です。

残り301文字(全文501文字)

あわせて読みたい

ニュース特集