メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

妻殺害・遺棄の男に懲役15年、ほう助の母は求刑上回る7年判決 千葉地裁

 妻を殺害して遺体を茨城県取手市の民家敷地内に埋めたとして、殺人と死体遺棄の罪に問われた元銀行員の弥谷(やたに)鷹仁被告(37)と、殺人ほう助と死体遺棄の罪に問われた鷹仁被告の母恵美被告(64)の裁判員裁判の判決で、千葉地裁は12日、鷹仁被告に懲役15年(求刑・懲役17年)、恵美被告に求刑(懲役6年)を上回る懲役7年を言い渡した。

 岡部豪裁判長は、妻麻衣子さん(当時30歳)からの暴言や暴力に悩んだ鷹仁被告が、離婚ではなく殺害によって長女(2)の親権を得ようとしたなどと動機面を指摘。「倫理・規範を軽んじており身勝手」と断じた。恵美被告は殺人ほう助罪について無罪を主張していたが、遺体の消臭用の木炭を用意した点などから「親として誤った考えを正すべきであるにもかかわらず、殺害を積極的に手助けした」と認定。「ほう助の中でも最大限の非難に値する」と批判した。

 判決によると、鷹仁被告は昨年3月4日、麻衣子さんに睡眠導入剤入りのカレーを食べさせ、当時住んでいた千葉県柏市内の路上に止めた乗用車内で首を絞めて殺害し、恵美被告と2人で遺体を取手市内の恵美被告宅の敷地に埋めた。【宮本翔平】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  2. 博多駅前に倒れている女性、搬送先病院で死亡確認 マンションから転落か
  3. 「イージス引き受けないのは非国民との批判、県内外から」秋田の佐竹知事が明らかに
  4. 小6の11歳長男をトンカチで殴る 38歳母を殺人未遂容疑で逮捕 埼玉
  5. 実刑確定の元被告、刃物持ち車で逃走 名古屋方面へ逃げたか 神奈川・愛川

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです