メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

本因坊戦、13日から第4局 両対局者が前夜祭で決意

 本因坊文裕(もんゆう)(30)=井山裕太九段=に河野臨九段(38)が挑戦する第74期本因坊決定戦七番勝負(毎日新聞社、日本棋院、関西棋院主催、大和証券グループ協賛)の第4局が13、14の両日、静岡県沼津市の旧沼津御用邸で打たれる。河野連勝の後、文裕が逆転で1番返して迎えた本局。文裕がタイに持ち込むか、河野が初の本因坊獲得にあと1勝と迫るか、シリーズも山場を迎える。

 同市は、江戸時代後期に活躍し碁聖とたたえられる十二世本因坊丈和の出生地とされ、12日に到着した両対局者は、二十五世本因坊治勲(趙治勲九段)が揮毫(きごう)した記念の石碑に献花して健闘を誓った。この日の前夜祭では、河野が「ファンの方にも丈和先生にもよい碁を見せられるよう努力したい」、文裕は「丈和先生は囲碁史に残る棋譜をたくさん残された。少しでもよい棋譜を残せるよう頑張りたい」と決意を語った。

この記事は有料記事です。

残り104文字(全文485文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  4. 変異株の感染確認、なぜ静岡で 英国滞在歴なし 厚労省クラスター班調査へ

  5. 声なき声を捕捉せよ コロナと連動する菅内閣支持率

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです