メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

技能実習生3カ月超就労できず 栃木の日立グループ会社

わたらせユニオンのスタッフ(手前)に相談する自宅待機の技能実習生ら=栃木市で2019年5月15日午後4時25分、林田七恵撮影

 日立製作所のグループ会社「日立グローバルライフソリューションズ(日立GLS)」栃木事業所(栃木市)で、技能実習生の実習計画が監督機関の外国人技能実習機構に認められず、実習生数十人が3カ月以上、就労できずにいる。一部の実習生は12日、早期解決を求める文書を同社に提出した。

 日立グループでは昨年、実習の必須業務をさせなかったなどとして11社12事業所が機構の勧告や指導を受けた。同事業所は対象外だったが、認定が保留されている。実習生の一部は、「電子機器組み立て」を実習するはずが、テープ貼りや荷物の運搬が続いたとも話す。日立製作所は、同様の保留は他のグループ会社や事業所ではないとしている。

 自宅待機になっている20代のフィリピン国籍の男性実習生21人を支援する「わたらせユニオン」(栃木県佐野市)によると、21人は昨年2月に3年契約で来日。ところが会社が申請した2年目の実習計画が認められないまま今年2月末で在留資格が切れ、就労ができない短期滞在に切り替えることになった。

 来日前に日本語学習の費用として1人約19万円を借り、来日後に月1万円ずつ返済していたが、3カ月以上自宅待機で平均賃金の65%しか支払われないため、返済できずにいる。自炊で節約し、互いに話して気分を紛らわせているが、終わりが見えない待機に実習生の一人は「家族に仕送りもできず、頭も体も休まらない。早く働きたい」と訴える。

 日立GLSによると、同時期に在留資格が切れた実習生は数十人に上る。同社は「従前と同様に実習を実施できるよう最大限努力する」としている。【林田七恵】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  2. 特集ワイド 「れいわ新選組」旗揚げ2カ月、寄付金2億円突破 「ポピュリストで結構」 消費税廃止、野党に亀裂も
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです