メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

父は「炎のストッパー」 比較されること嫌った息子が作り上げた津田恒美記念館

津田恒実さんの写真などの展示品を紹介する大毅さん=広島市南区で2019年6月7日、田中将隆撮影

 プロ野球選手の父と比較されることが嫌だった青年が年齢を重ね、父の偉大さを伝える場所を作り上げた。気迫あふれる投球で「炎のストッパー」と呼ばれ、1993年に脳腫瘍のため32歳で亡くなった元広島の投手・津田恒実(旧名・恒美)さんの長男大毅さん(30)だ。

 先月末、広島市南区のマツダスタジアム近くにゆかりの品を集めた「津田恒美記念館」を開き、館長に就任。「展示を見て涙ぐむファンの姿を見ると、開いて良かった」と、感慨に浸っている。

 津田さんが亡くなった時、大毅さんは4歳。父との記憶は多くないが、「憧れから自然と野球をやるようになった」。津田さんが広島入団時の監督だった古葉竹識さん(83)が指導していた東京国際大に2年時に編入。話題先行の中で思うような結果を出せず、「父との実力の差が嫌で嫌で、もやもやした気持ちだった」という。

 就職後も「津田の息子」として優遇されることが多く、葛藤は消えなかった。だが、父のファンから「トロフィーなどを見ることはできないか」と言われることが重なり、漠然と「父を思ってくれる人たちに、何か恩返しができないか」と考えるように。記念館設立を思い立ち、会社を辞めた。27歳だった。

1989年オールスター第2戦で最後を締めくくり、広島のチームメートだった捕手の達川光男さん(左)と握手する津田恒実さん=藤井寺球場で

日本一周で再確認した「おやじのすごさ」

 クラウドファンディング(インターネットでの資金調達)によりオープン。一昨年6月からの約2カ月で目標の6倍以上となる2627万5000円が集まった。開館までには宣伝を兼ね、自転車で野宿をしながら日本一周。新潟県で空気入れが壊れたことをソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)でつぶやくと、男性が新品を届けてくれた。「お礼を伝えたら『くじけそうになった時、お父さんに励まされたんだ』と言われ、おやじのすごさを再確認した」と振り返る。

津田プレートに触れるカープファンの子供ら=広島市南区のマツダスタジアムで2015年8月、佐々木宏之撮影

 ユニホームやグラブ、野球殿堂入りした際のレリーフなど約100点を展示。マツダスタジアム内にある銅の顕彰板(通称・津田プレート)のレプリカもある。スポーツバー兼カフェも併設し、「幅広いファンが集える場所にしたい」。目元が父とそっくりな顔には、覚悟がにじむ。記念館は年中無休。問い合わせは運営会社のスポーツファンベース(082・207・2515)。【田中将隆】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に津波注意報
  2. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  3. 防災なるほドリ 帰れなくなったらどうしたらいいの?=回答・金森崇之
  4. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪
  5. 震源は「新潟-神戸ひずみ集中帯」 逆断層型、繰り返し発生 新潟震度6強

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです