メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サワコの朝

不登校だった高校時代 俳優・堤真一さんが語ることのなかった亡き父への思いとは

 トーク番組「サワコの朝」(MBS/TBS系全国ネット、6月15日午前7時半~8時)のゲストは、ドラマや映画、舞台で活躍を続ける俳優の堤真一さん。

     作品では、幅広い役を演じ分け、圧倒的な存在感で見る者を惹きつける堤さん。意外にも“初対面”だというサワコと“初々しい気持ち”でスタートした番組では、役者として、父として様々なお話を披露してくた。

     俳優の道を歩むきっかけとなった舞台「天守物語」の話では、主演を務める坂東玉三郎さんとの秘話を披露。当時、俳優の真田広之さんの付き人をしていた堤さんは、獅子頭に扮した黒子役として舞台に立つことになったそうで「本番中に獅子舞の中に入ってきた玉三郎さんが…」というビックリ!?なエピソードでトークを盛り上げた。

     そんな堤さんは「元々舞台でやっていきたいと思っていた」と話すも、30歳を過ぎた頃からテレビドラマにも出演。松嶋菜々子さん主演のドラマ「やまとなでしこ」では、ヒロインの相手役に抜擢され一躍注目を集めたが「脚がガクガク震えてた」と慣れない現場に緊張していたことを吐露。当時の知られざるエピソードをたっぷりお話ししてくれた。

     ほか、将来への希望が持てず“不登校”になった高校時代の話や、これまで語ることのなかった最愛の父への思い、真田広之さんや大先輩の佐藤浩市さんとのエピソードを披露。涙あり笑いあり!堤さんの魅力が詰まった30分だ。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
    2. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
    3. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
    4. 1人の女性に狙いか 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」
    5. 日韓 自分の物差しで相手をはかるな 「嫌韓」は危険

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです