メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日イラン首脳会談

ロウハニ師「米が緊張原因」 首相「イランは役割を」 共同記者発表

共同記者発表する安倍首相(左)とイランのロウハニ大統領=テヘランで2019年6月12日、共同

 安倍晋三首相とイランのロウハニ大統領は12日夜(日本時間13日未明)、首都テヘランでの会談を終え、共同記者発表に臨んだ。ロウハニ師は「地域の緊張の原因は、米国による経済的戦争(経済制裁)だ」と指摘し、「我々は米国との戦争は求めていないが、もしイランへの攻撃があれば厳しく対応する」と語った。首相は「なんとしても武力衝突は避ける必要がある。偶発的な衝突が起こることがないように、イランが建設的な役割を果たすことが不可欠だ」と述べた。【テヘラン小山由宇】

 会談は予定を約1時間上回る2時間20分に及んだ。

この記事は有料記事です。

残り694文字(全文945文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」
  2. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  3. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  4. トヨタ「シエンタ」13万台リコール アクアなど6車種も エンジン防水不備で
  5. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです