メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大岡信と戦後日本

/14 60年安保 苛烈な時代、世代の交錯

改定された新安保条約の自然承認を止めようと、国会前を埋めたデモ隊=1960年6月18日撮影

 「6・15」「6・19」あるいは「5・19」といった日付は、30年以上前であれば、ある世代の人々の生々しい記憶に直結したはずだ。いずれも「60年安保」に関わるものである。1960年、岸信介政権による日米安全保障条約改定の承認が衆院で強行採決されたのが5月19日夜(実際は20日未明)。これを機に安保反対の声は急速に広がった。

 反対運動は前年秋から高まり、各地でデモも行われていたが、その規模が一挙に膨れ上がった。1カ月後の6…

この記事は有料記事です。

残り1697文字(全文1910文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  2. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  3. 竹島、最古の地図発見 1752年に航路示す
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. 九州北部・山口、観測史上最も遅い梅雨入り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです