メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大岡信と戦後日本

/14 60年安保 苛烈な時代、世代の交錯

改定された新安保条約の自然承認を止めようと、国会前を埋めたデモ隊=1960年6月18日撮影

 「6・15」「6・19」あるいは「5・19」といった日付は、30年以上前であれば、ある世代の人々の生々しい記憶に直結したはずだ。いずれも「60年安保」に関わるものである。1960年、岸信介政権による日米安全保障条約改定の承認が衆院で強行採決されたのが5月19日夜(実際は20日未明)。これを機に安保反対の声は急速に広がった。

 反対運動は前年秋から高まり、各地でデモも行われていたが、その規模が一挙に膨れ上がった。1カ月後の6…

この記事は有料記事です。

残り1697文字(全文1910文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 編集部のよびかけ れいわが主張「消費税廃止」の賛否は

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 即位の礼で使われる 高御座とは

  3. 車7台が事故 15人負傷 3台炎上 愛知・伊勢湾岸自動車道

  4. 即位礼正殿の儀始まる 180以上の国などから2000人参列

  5. 変革 第10部 マルハニチロ/18 回転ずし、魚も肉も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです